転職

ビル

退職理由は転職者の運命を左右する

中高年転職者の場合、面接では100パーセント退職理由について聞かれます。
これだけは避けようがありません。
しかし、面接まで聞かれないだろうと安心していてはだめです。
履歴書に退職理由を書かなくてはいけません。
この記述に疑義があると、書類選考で落とされてしまうでしょう。
退職理由は転職者の運命を左右すると言っても過言ではありません。
履歴書の退職理由を書く欄は、おそらく150文字程度は書けるスペースがあります。
当然ながら、3行で終わってしまうような退職理由ではボリューム不足です。
また、キャリアアップを目指すために退職したと言うような抽象論もNGになります。
だからと言って、本音で書けばいいと言う考えではいけません。
退職理由はほとんどの人がネガティブなものでしょう。
待遇が満足できなかった、人間関係の構築がうまくいかなかったなどはよくある理由です。
こう言うことを書くのもだめなのです。
ポジティブな理由に置き換える努力をしましょう。

関連情報一覧

転職をするのに必要だと思う事とは

退職理由は転職者の運命を左右する

転職の際には転職者であることを忘れてはいけません

転職者が知っておきたい履歴書の項目について